看護師さんが専門分野を高めることについて

看護師,専門分野

専門分野を高め、その科の専門の看護師さんになる方も多くおられます。 また、中には、さらなる専門分野を高め、看護師資格をもとにして、「言語聴覚士」となる看護師さんもおられます。 看護の勉強を4年間大学で行い、免許を取得した後に、さらなる勉強を行い、「言語聴覚士」となる場合があります。 その場合には、さらに勉強を重ねる必要があります。 また、「言語聴覚士」以外にも、専門分野を極める方法として、「専門看護師」となる道があります。 これは、指定された大学院などに通って、勉強をすることでなることができます。 おおよそ26の大学が指定をされています。 これは、しかし4年生の大学を卒業した場合のみ可能であり、専門学校の卒業生である場合には、まずは通信制の大学などを利用して、「学士」の学位を得る必要があります。 ただ、大学に中には、知識が大卒相当あると認める場合に、受験を許可するところもあります。 このような理由から、専門看護師になる場合には、基本的に大学に進学することが必要で、例えば産婦人科等で5年以上の臨床を行い、その後に、大学院に進学されるという場合があります。 4年生大学の卒業生の場合、さらに活躍を求めて、されることが多いです。 544

看護師の仕事内容について

看護師,専門分野

看護師さんの仕事内容は、色々あります。 まず、よくテレビドラマなどでも目にする仕事ですが、患者さんに注射を打ったり、点滴を打ったりするのも看護師さんの役割です。また、点滴などをはずしたりするのもお仕事です。 また血圧をはかったり、小さな個人が経営する病院の場合には、受付と診察の補助を行う場合もあります。 また、大変なお仕事ですが、患者さんがおむつなどをはいている場合には、それらの履き替え作業を手伝ったり、おむつの取り換えをするのも看護師さんのお仕事です。 また、他には、患者さんにナースコールなどで呼ばれた際には、急いで体調をうかがいに駆けつける仕事もあります。 他には、医師の先生に患者さんの体調などについて話をしたり、カルテなどを見せます。 看護師さんの仕事内容としては、他にも、患者さんの体調がどうなのか、こまめに聞くことがあります。 これは患者さんの体調をこまめに聞いておいて、何かの時に対応をするためです。 また、病院で患者さんが具合が悪くなってしまい、廊下などで吐いてしまった場合には、これらを清掃するのも看護師さんの仕事に入っている場合があります。 このほかの仕事内容としては、先輩になると後輩に指導をきちんと行ったりも仕事になります。 545

更新履歴